車のタイヤ情報・タイヤの管理などあらゆるタイヤについての情報をご提供いたします!

ハイドロプレーニング現象

ハイドロプレーニング現象  

  • タイヤと路面の間に水が入り込み、水膜ができる!この水膜により車が水の上を滑る状態となり、ハンドルやブレーキが利かなくなる現象のこと。
  • ハイドロプレーニング現象は、路面に溜まった水の量がタイヤの溝からの排水能力を超えた場合に水膜が発生し起こる現象です。
  • ハイドロプレーニング現象による事故を防止する為に以下の点について注意をしておきたいものです!
  • [check]タイヤの溝は浅くないか?(磨耗してない?)
    • タイヤ磨耗する事で、排水溝があさくなり、排水性が悪くなり、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる。
  • [check]たまり水の深さはわかる?
    • 路面に溜まった水の量が多ければ、タイヤの溝では排水しきれなくなる。たまり水の深さはわからない為に通過時は十分注意したいですね!!
  • [check]タイヤの空気圧は大丈夫?
    • タイヤの空気圧不足がおこっているとタイヤと路面の接地面積が正常時よりも大きくなて、タイヤと路面の間の水を排水しきれなくなる!
    • 燃費にも影響しますからこまめなチェックをしたいですね!!
  • [check]スピード出すぎてませんか?
    • 高速道路走行など高速走行中に水溜りに突っ込むと、水の粘度の為にタイヤの排水能力を水量が超えて、タイヤと路面の間に水が残る状態となります。
    • 安全の為にもスピードの出しすぎは十分注意したいですね!

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional